交際費の節約

節約しているからと、人との交際を削ってしまっては問題です。 人とのつながりこそ第一の財産ですよね。

ランチ主義

友達と休日に時間を合わせて会う時はできるだけ昼前からにして、ランチを一緒にするようにしています。

遅い時間から約束をしてしまうと、どうしてもお酒を飲みに行って→カラオケ→終電ギリギリ間に合わずにタクシー・・・となってしまう可能性が。

また、メンバーによっては飲み→飲み・・・になることもしばしば・・・

上記のような最悪のパターンにならなくても、昼と夜とでは外食費の単価が大きく違います。

夕食代と同じくらいの金額で、昼食&映画も可能な場合も多いはず。

でも、どうしてもアルコールが欲しい!という場合は、料理やお酒を持ち寄ってホームパーティ形式をおすすめします。

パーティとまではいかなくても、学生の頃のように家でわいわい集まるのもたまには良いと思います。

安いつく上に、リラックスして飲めますしね。

理想は、飲みに行った旦那が我が屋で飲み直しするような家庭?

ま、面倒と言ったら面倒ですが、終電乗りおくれてタクシーで帰って来られるよりはマシです(笑)

レディースデー・カップルデー

仕事がら平日がお休みなので、様々なレディースデーやカップルデーを利用しています。

映画館は勿論だけど、ガソリンスタンドやゲームセンターでもレディースデーには特別なサービスがあったりしますし、飲食店でも女の子グループならドリンクサービスとかいろいろ・・・。

タウン誌とかでレディースサービスばかりのリストなんてあったら便利だろうな~

義理チョコも手作り

女性にとってバレンタインデーは出費が重なりますよねぇ。

特に職場に男性が多い方はたくさん義理チョコを配らなくてはならないかも・・・ 2月14日が休日だったら楽なんですけどね。

チョコレートはたとえ義理でも手作りが一番です。 市販のチョコを渡すよりもお返しが期待できるかも(?)

相手との親密さにもよるとは思いますが、貰った側も手作りだと多めに喜んでくれる可能性も。

そして何よりも、まとめて手作りすれば安い! 変にラッピングに凝らなければ、ワンコインで2人分くらいは用意できます。

現にバレンタイン特設売り場でよく見る”手作りチョコセット”の相場は5、600円くらいです。

これを綺麗な紙袋(5枚で200円くらいであります)に入れればOK。 セットを買わずに作ったとしても同じくらいでできます

ネットでタダチケットGET!

女性限定サイトや化粧品メーカーのサイトで、トークショー観覧やメイクアップセミナーの参加者募集をされているのをよく見ます。

抽選や先着で募集されていることが多いのですが、こういったもので参加できそうなイベントで興味があるものがあれば応募してみてはどうでしょうか?

当選した場合には趣味の合う友人を誘ってみてください。

タダで意外な経験ができるということで喜んでもらえること間違いなし?!

お金出してまで参加したいとは思わないけど・・・ってことでも、タダならOKなことって結構あると思います。

運が良ければ、いくらお金出しても通常なら参加できないようなプレミア・イベントに当選するかもしれません。

また、映画好きな友達がおられたら、試写会の応募もおすすめです。 試写会についてはタダで映画を観ように書いてますので、是非ご覧ください。

株主優待券

企業が自社の株主を中心に配布している株主優待券。

もちろん、株主になってあらかじめに決められた株保有基準(基準日と保有株数)を満たせば手に入れることができるんですが、別にわざわざ株主にならなくても金券ショップやネットオークションでも売ってます。

ネットオークションなら相場は額面の半額くらいで落札されていることがあるので、よく行くお店やホテル、テーマパーク等の優待券を事前に落としておくと便利です。

優待券は一度に使える金額が決められてたりするので、そちらもチェックしてくださいね。

例えば、居酒屋チェーン店の和民の場合なら100株で6000円分の優待券が株主には貰えるんですが、この優待券は1度に1人あたり1000円分ずつしか利用できません。