携帯電話の節約(料金編)

元携帯ショップ店員として、携帯電話で損するのは許せません! 携帯料金を節約して少しでも安く使いましょう。

明細、見てますか?

携帯電話の節約の基本は、明細を把握することです。

毎月封書なりメールなりで送られてくる明細、ちゃんと見てますか?

私がショップ勤務していた時に、機種変更やプラン変更でいらしたお客様とお話していて必ず”毎月の料金はどのくらいでしょうか?”と聞くことがあったのですが、この返答には人によってかなりの落差が・・・

「大体、○○円くらいで、通話とメールが半々くらいですね」 金額と内訳をしっかり答えてくれる方もおられれば、 「さぁ?どれくらいかなぁ?1万円はいかないと思うけど・・・」 と曖昧&適当な方もおられます。

中には支払い金額を勘違いして覚えちゃってる方もおられることはおられるのですが、それはごく少数派です。

支払い料金を把握しておられる方の大半は、毎月の明細と共に送付されてくる冊子等のお知らせを見たりして、ご自身で適切なプランへと調整されておられ方が多かったです。

もし携帯を契約しっぱなしにされてる方で、ご自身ではプランの調整ができない、ってか明細はさっぱり意味が分からない!という人や、毎月の利用料金にあまり変動の無い人は、数ヶ月分の明細を持って携帯ショップを訪ねることをおすすめします。

プランが合っていなかったり、新しい割引サービスが増えている可能性もありますし、もしかすると大幅に支払い金額が下がる可能性も?

当たり前ですが、携帯電話の利用料金は安くはないですよね。

だから持たないでいるのが一番いいのかもしれませんが、今の世の中そういう訳にはいかないですね。

他の節約系サイト様で、”携帯は受け専用で”と書いてあることが多いですが、それって私には、友達を疎遠にしろと言っているように聞こえてしまう・・・

そう、自他共に認める携帯好き女なんです(*^-^*)

でも、さすがに通話料金は高いので、緊急の連絡以外はメール中心で連絡するようにしています。

仕事関係以外で緊急を要することってそんなにはないので、ほとんどメールだけで十分。

通話の大半は彼氏か、またはメールの苦手な母親との連絡くらい。

クレジットカードでキャッシュバック

携帯電話の毎月の料金をただの銀行引き落としやコンビニ払いにしておくのは勿体ないです。

銀行引き落としやコンビニ払いでは、メリットなんて何もないし。

特にコンビニ払いはお店に行く手間もかかるし、コンビニに行ったついでに無駄遣いとかしちゃいそうなのに・・・と、いつも思うんですが^^;

同じ支払うなら、クレジットカードを利用しましょう。

カード払いにすれば、毎月の携帯料金によってポイントが貰えますし、そのポイントが貯まれば商品と交換やキャッシュバックも。

ほとんどのクレジットカードが携帯料金の支払いで利用できますが、携帯会社と提携しているカードなら、さらにお得。

ポイントを機種交換で使えたりと有効活用できます。

Docomoユーザーなら、NTTグループカード。 auユーザーなら、auじぶんCard。 SoftBankユーザーなら、SoftBankカード。

その他にも、携帯電話の料金を支払い設定するとお得になるクレジットカードはいっぱいあります。

⇒超お得!クレジットカード比較「携帯電話でお得」

ファミリー割引

今のところ、私はauの家族割&年割にしています。

FOMAが発売される前にドコモのムーバを使ってた時より、4割くらいは安くつくようになりました。

auの場合、指定割にプラスして家族間通話の割引を利用すると、家族間の通話は標準の60%割引になります。

それに、auの場合は意外な人まで家族扱いできるので、同居していない家族とも家族割引が組めます。

例えば、結婚して世帯も苗字も変わった娘と実家の父親。

苗字の違う義理の親子だって証明さえできればOKなんです。

家族に携帯ユーザーがいたら、携帯会社はまとめるのが一番!

基本料金がドコモのファミリーなら25%OFF、auの家族割なら30%OFF、SoftBankは子回線が半額になります。

携帯会社によっては、家族間のメールが無料になったり、ポイントが共有できてポイントが貯まるのも早くなります。

詳しい比較は携帯割引サービス比較に書いてます。

もし信頼できる相手であれば、彼氏や彼女の名前で複数台契約をして家族割引を利用してみれば、通話料金が安くなったり、メールが無料になって、かなりお得です。

ただし、破局時の責任は持てません・・・(>_<)

web明細

auユーザーなら、「料金お知らせサービス」の利用がお得です。

このサービスは通常は封書で送られてくる利用明細を受け取らない代わりに、メールやインターネットを利用するというもの。

当然、いらないゴミも減らすことができますし、何といってもauポイントが1.1倍になるという特典がっ!!

携帯料金を経費で落としてるって方には明細は必要だと思いますが、そうじゃない方は利用しないって手はないですよね。

機種変更等で利用できるポイントが早く貯まるのはとっても嬉しい♪ 1.1倍って少ないようで結構多いですよ。

10ヶ月で11ヶ月分のポイントが貯まるってことですから(^-^)

このサービスの加入はフリーダイアルでの受付になります。

携帯電話から157か、一般電話から0077-7-111へ。 DoCoMoユーザーなら、eビリング。 web明細にすることで、請求額から毎月100円の割引があります。 ただし、一括請求にされている場合は主回線のみの割引になります。

一定額到達通知サービス

DoCoMoとauの場合、毎月の利用料金があらかじめ設定しておいた金額になると、メールでお知らせしてくれるサービスがあります。

知らず知らずに料金がかかってしまう人や、オンラインで随時料金チェックするのが面倒な方に便利です。

到達するとお知らせしてもらえる金額は、DoCoMoの場合なら1万円から5千円単位で各自で設定できます。 auの場合は7千円、1万円、1、5千円を通過するごとになります。 

申し込み方法は、DoCoMoはフリーダイアルか、ドコモeサイトで。 auはezwebかauお客さまサポートで。

自宅割

auの契約者だけになりますが、KDDIの他のサービスを併用することで、携帯電話から自宅への通話料が半額になることがあります。

(学割回線、プリペイドを除く) 割引条件は、 マイラインプラスでKDDIを3区分(県外、県内市外を含む)以上指定するか、DIONのADSLに加入、IP電話に加入、光プラスあるいはメタルプラスに加入するか、いずれかが揃えば自動的に適応されます。

auに登録している固定電話の番号と各サービスの申し込み電話番号が一致することが前提です。

引越し等で変更があった場合は必ず申請しなおしてください。 でないと自宅割は外れてしまいます・・・

携帯会社は周りに合わせる

新たに携帯会社を選ぶ時は、一番多くやり取りする相手が誰かを思い出してください。

一番多くやり取りする相手=一番お金がかかる相手、ですよね。

契約する携帯会社が同じであれば、指定割引等を利用することで他社の携帯電話を持っているよりも安く通話できます。

auやボーダフォンの指定割引きは同じ会社が対象ですし、他社も指定できるドコモでもドコモ同士だと割引率は大幅にUPします。

勿論、合わせる相手が家族であれば家族割引きで基本料金の割引を受けることができます。

周りの人が持ってるから嫌!ではなく、周りの人が持ってるから安くなる!

同じ会社同士だと絵文字のやり取りだってスムーズに出来ますしね。