節約意識

自分を先取り

慌ててしまったせいで余分にお金がかかってしまうものは意外と多いです。

携帯の充電  ・・・出かけた途端に切れて、コイン式充電機のお世話になるかも?

生理用品  ・・・急に必要になって、コンビニに走ってしまうかも?  鞄に余裕があれば1、2枚くらいは常備しておくのがベスト。

ティッシュ  ・・・駅等のトイレットペーパーが常設されていないところで買うはめに?

ATM時間外手数料  ・・・節約していても、必要最低限の現金は用意しておきましょう。

タクシー代  ・・・終電に間に合わなかったり、バスの乗り継ぎをミスしたり、寝坊して遅刻しそうになったり。 さらに私の場合は、道に迷って~というのも・・・

パンスト  ・・・急に伝線してコンビニで。  勤務先ならロッカー等に予備をおいておきましょう。

ちょい食い  ・・・寝坊して、きちんと食事をとらずに出かけて、目的地につくまでにお腹が空いて我慢できなくなることも多いです。 車だったら、ドライブスルーしてしまうとか

カサ  ・・・置き傘って大事です。 上記のような、”うっかりして浪費”が少しでもなくなるよう、毎晩、寝る前には必ず自分の周りをチェックしましょう

朝からバタバタしないよう、部屋は整理し、翌日の準備は整えてから眠るように気をつけます。

またこの時には不必要な浪費をしていないかも確認するようにします。 換気扇、水道、コンセント等

プチエコロジストになってみる

地球に優しいからと、高かろうが安かろうがリサイクル品や環境に配慮した商品ばかりを購入する完全なエコロジストは決して節約家であるとは思えませんが、節約とエコロジーはとても近いところにあると思います。

たとえばトイレットペーパーはパルプ100%のものよりも、再生紙100%やパルプと再生紙が混合している物の方が安い(肌触りに大幅な差はありますが・・・)ですし、洗剤やシャンプーなんかもボトルよりも詰め替え用の方が安いです。

車だって、排気量の少ない軽自動車の方が維持費も購入価格も大幅に安い。

光熱費を節約すれば、それは回りに回って地球の温暖化防止や資源の無駄遣いを減らすことにつながりますし、家庭菜園で食費の節約を試みれば、温暖化防止にちょっとだけ貢献することにもなります。

また、使用する洗剤の量を気にすれば、水道代も減りますし、洗剤による水質汚濁の防止にもなります。

お金の為に節約!節約!と考えてしまうと、それは単なるケチで終わってしまう気がしますし、あまり人前で公言できることではないと思います。

ケチは気持ち的にも余裕がありませんし、お金以外の何かを浪費してしまってる気がします。

なので、都合よくエコロジスト。 プチエコロジスト。

同じ商品を買う場合も、安いから買う!のではなく、地球に優しいから買う!と思って購入した方が清々しくないですか? 『安かったから・・・』という物ばかりに囲まれた生活は、ちょっと息苦しいし自分がかわいそう。 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。