気まぐれ節約生活 >美容費の節約術 >ファッションの節約

 

ファッションの節約

交際費と同じく、大幅に削ってしまったら大変です・・・

時計の電池
洋服
ハンガー
洗濯の仕方
メンバーズカード


:時計の電池

時計の電池交換って高いとこだと1800円とか安いとこでも1000円以上する場合が多いですよね。

でも、電池交換って”こじ開け”とピンセットさえあれば、思ったよりも意外と簡単に出来ちゃうんです。
電池フタ専用のこじ開けはハンズなんかで900円で売ってますし、電池一つってサイズによって変わるけど、大抵は300円くらいで買えます。

特に専用の工具がなくても、小さなマイナスドライバーなんかで空けることもできますし、傷付いても平気な時計があればそれで何度か練習してみるのもいいかも。

電池交換をお店で1回してもらう程度の金額で工具を用意できますので、是非チャレンジしてみてください。
待たされた挙句に、高いとこでは1500円とか取られちゃいますよね、電池交換って・・・。

 時計の裏ぶた外し 電池交換こじあけ工具

ページTOPへ

:洋服

私は部屋着とお出かけ服はクローゼットの中でもしっかりと分けて収納してます。

放っておいたら着古した物をばかり増えちゃって、パンクしそうになってしまいます。
なので、所有してる洋服は暇があればチェック。
放っておくと、つい同じようなのを買ってしまったり、全然着ない服があったりするので・・・。

着ない服は迷わずフリマかオークションへ

おしゃれ費とは違いますが、寒い季節は上に何枚も着込むのではなくインナーを足すようにしましょう。
インナーがあるかないかで体感温度は約2度も違うそうです。
厚着するなら上より下!です

求む、おしゃれなババシャツ(^-^)

洋服代の節約が完全にできたら、すごい貯金ができる気がする・・・

ページTOPへ

:ハンガー

洋服のハンガーってどうしてますか?

節約の為のクリーニングの時の針金ハンガーを使ってるって方は多いと思うんですが、あまりお勧めできません。
針金ハンガーはクリーニング屋さんにリサイクルとして持っていって、割引券と引き換えてもらってください。
(割引とかのサービスが無い場合もありますが・・・)

針金ハンガーはクリーニング品に一時的に使う為に作られてると思うので、長期使用はあまりよくないと思うんです。
あのネジネジってしてる首のとこで衣服を傷める危険だってありますから。

ハンガーは、洋服屋さんやスーパーの服飾売り場で貰いましょう。
陳列用の綺麗なハンガーは当然無理ですが、入荷の際のプラスチックハンガーはリサイクルせずに処分に回してるところもまだまだ多いです。
顔見知りの店員さんがおられるのなら、そっと聞いてみてはいかがでしょうか?
入荷用とは言っても、コートやジャケット等に使っているモノはなかなかしっかりしたものがあったりと、期待できるかと思います。

ページTOPへ

:洗濯の仕方

当たり前のことですが、洋服が長持ちするかどうかはお洗濯の仕方によって変わります。
場合によっては着ている時よりも洗濯時の方が酷使しているんじゃないかなと思うことも・・・

■色の濃いものやデニムは裏返しておく

■ファスナーは全部上げておく

■干す際はきちんと整えてしわを伸ばしてから干す

■大切な衣類は必ずネットに入れて洗う (ネットに入れる時もきちんとたたんで袖は内側に入れてから)

私はこれくらいしか気をつけていないのですが、ネットはフル活用です。
Tシャツや靴下、ジーンズ、パジャマ以外はほとんどネットに入れて洗うようにしてます。
そして汚れが少ない時は洗濯機の手洗いモードが常です。
ネットに入れておけば、ほかの衣類と絡み合って伸びたり型崩れを起こすことはないので、キャミソールの肩ひもが片方だけ妙に伸びてしまうとか、長袖の袖の長さがおかしいなんてことは起こらなく無くなりました(^-^)

あ、ネットは100均でまとめ買いでした。

ページTOPへ

:メンバーズカード

ブランドショップでメンバーズカードが発行されてるところなら、是非ともカードは作っておいた方がお得です。
ポイント制なら一定のポイントが貯まると商品代金から割引してもらえたり、オリジナルグッズと交換が出来たりすることが多いです。

また、カードの枚数やポイント数によってはSALE情報を優先的に教えて貰えたり、キャンペーンのお知らせDMを送ってもらえたりします。

しかも、カード枚数によってランク付けされるお店では、上得意客だけをプレセールに招待してくれることも?!

かといって、ポイントを貯めようと思ったら、それだけ多くの商品を買わなければなりませんよね。
それでは節約ではなく、浪費になってしまいますし、ショップの思うツボです。

そこでワタシのおススメは、カードは数人で合同で保有すること。
例えば、親や兄弟と同じカードを共同でポイントを集めていけば、一人でせっせと買い物をするよりも早く貯まるハズ。
貯まったポイントは割引を利用した人が貯めたポイント数に応じて相手に換金するなりして、前もってルールを決めておけばトラブル回避にもなりますし、特に問題は無いと思います。

ショップからプレセールの招待を貰ったら、みんなで仲良く行ってしまえば良いんです。
カード名義の人しか選んじゃダメってことはほとんど無いと思いますしね。
モチロン、この時の会計はみんなまとめて、になるとは思いますが・・・

同じ趣味の友達と共同でも良いですし、競って別々で貯めていくよりは効率も良くお得なことは多いと思います。

ページTOPへ


次のページ