気まぐれ節約生活 >携帯電話の節約術 >携帯割引サービス比較

 

携帯割引サービス比較

2007年8月現在の、おおまかな携帯電話の割引サービスの比較です。

選択される時は以下のサービス意外にも各プランごとの通話料も確認された方が良いです。

パケット割引に使用しているパケットは、1パケット=128バイト=約64文字です。
QVGAの待受け画像の平均は25KBですので、この場合のパケット数は、25000バイト=約195パケットです
DocomoのムーバとSoftBankのスーパーメールの標準パケット単価は0.3円(auは0.27円、FOMAは0.2円)ですから、25KBの画像をメールに添付したり画像を読みこんだ場合の通信費は195パケット×0.3円=58.5円(auは52.65円、FOMAは39円)になります。

ファミリー割引・
基本料金
25%OFF
ファミ割MAXは50%
(2年間の継続利用が条件)
25%OFF。
学割は家族割に加入・未加入でも50%OFF
ホワイトプランは1029円/月
オレンジプランとブループランは基本使用料から50〜52%OFF
(2年間の継続利用が条件)
家族間通話
30%OFF
自宅への通話は10%OFF

家族間Eメール無料
30%OFF。(指定割と併用で60%OFF) ただし、学割回線から家族へは50%OFF

家族間Cメールは無料
ホワイトプラン加入電話からの通話は無料。

オレンジプラン、ブループランは30%OFF
指定割引
月額189円で5件+2件の国際電話を指定。
DoCoMoへは30%OFF
DoCoMo以外へは10%OFF。
月額315円で3件まで50%OFF。
ただし、auか固定電話、IP電話が対象
ホワイトプランのみ、月額1029円で通話料が50%OFF。
(ソフトバンクへ21〜1時。他社へは終日)
パケット割引
全てFOMAのみ

パケ・ホーダイ(4095円でiモードとメールが使い放題)

パケ・ホーダイ フル(5985円でiモードとメール、フルブラウザが見放題)

パケットパック10(1050円で無料通信分1050円。0.105/パケット)

パケットパック30(3150円で無料通信分3150円。0.0525円/パケット)

パケットパック60(6300円で無料通信分6300円。0.021円/パケット)

パケットパック90(9450円で無料通信分9450円。0.01575円/パケット)
CDMA1X・・・パケット割(1050円で無料通信分2835円。0.1円/パケット)。

ミドルパック(2520円で無料通信分10500円。0.27円/パケット。超過分は70%OFF)

スーパーパック(8925円で無料通信文47250円。超過分は80%OFF)

Win・・・ダブル定額ライト(1050円で無料通信分2625円分。4410円を超えた分は使い放題。0.08円/パケット)

ダブル定額ライト(1050円〜、4410円を超えた分は使い放題。0.08円/パケット)

※PCサイトビューア利用で上限は5985円までUP
パケットし放題(1029円〜4410円の定額料で使い放題)

ハッピーパケットレギュラー(1260円で無料通信分1260円。0.105/パケット)

ハッピーパケットスーパー(3097円で無料通信分3097円。0.063/パケット)
年間割引・
継続割引
基本使用料10〜25%OFF(旧いちねん割引の場合は最大15%OFF)

ファミリー割引と組合せると最大50%OFF
プランにより変動。

家族割と組合せると最大51%OFF
ゴールドプランは家族割引との併用で最大70%OFF
その他

無料通信料は家族みんなで2ヶ月間を繰越し

中学生以下&60歳以上にはファミリーワイドで月額1575円のプランあり
(ただし、通話料は30秒26.25円でやや割高・・・)


ひとりでも割で基本料金50%OFF(2年間の継続利用が必須)

家族間の無料通話料が分け合える(学割除く)

MY割で一人でも基本使用料25%OFF〜50%OFF

無料通話料は無期限繰越し(金額の上限あり)

中学生以下&60歳以上には月額1575円のワイドサポート(ただし、通話料は10秒10円でやや割高・・・)
ゴールドプラン、オレンジプラン、ブループランはナンバーポータビリティを利用した乗換えの場合、それまでの利用期間を継続できる

オレンジプランは無料通話分を無期限繰越し(金額の上限あり)

ブループランは無料通信料を2ヶ月間を繰越し

次のページ