気まぐれ節約生活 >結婚は保険を見直すチャンス

 

結婚は保険を見直すチャンス

保険を見直すタイミングはいろいろあると思います。

保険はその時々の家計に合ったものを選んでいくのが理想なので、家計の状況が大きく変わる結婚もまた、見直しの最適なタイミングです。

独身時代は周り(親や外交員さんなど)に勧められるがまま、必要以上に大きな保険に加入していたり、反対に全く加入していなかったり・・・というケースも多いと思います。

私自身も、独身の頃は「保険って何?」という状況で、自分では何の保険料も支払っていませんでした。
唯一加入していたのは、母が私名義で入っていてくれた生協の共済だけ。

運良く、大きな病気も怪我もすることが無かったので、保険の必要性を感じることはありませんでした。


でも、結婚して妊娠出産することになったら、まさかの帝王切開!

妊娠生活は順調だったので普通分娩のつもりでいたのに、出産当日に急に決まった手術です><

正常分娩に比べると、帝王切開での出産は入院日数も長いです。
私の入院した産院の場合なら、初産は普通分娩なら6日。帝王切開なら9日の入院でした。

勿論、手術を伴うので医療費も割高になります。

ですが、帝王切開の場合は医療保険が適応されますし、もし加入していれば給付金を受け取ることができます。
(正常分娩なら全額自己負担です)


私の場合は結婚後も共済に加入していましたので、手術給付金を6万円、入院費を1日1万円、合計15万円を受け取ることができました。
かかった入院費が約40万円だったので、出産一時金の35万円を合わせると、約10万円も多くいただくことができました。

もし共済に加入していなければ、約5万円の赤字出産になっていたんですよね^^
母が加入してくれてた共済を引き継いで良かったと感謝です。


出産の場合でなくても、結婚して一緒に家計を支え合っていく人ができたら、独身時代のような「何となく加入している保険」は避けていきたいですよね。


加入した後だって生活状況はどんどん変わっていくでしょうし、その都度に見直していく必要はあるはず。

我が家は子供の学資保険の相談に行った保険カウンターで、かなり大幅に加入し直しました。
マンションを購入して住宅ローンをかかえるようになりましたので、また見直さなきゃなぁと思ってます。

・・・とは言っても、保険って種類が多すぎて自分達だけで調べて比較してくのは大変な作業><
そういう時には保険のプロの無料相談を利用するのが便利です


例えば、保険市場のような多種多様な保険を取り扱っているお店なら、特定の会社の保険に偏るのではなく、中立な立場で無料で相談に乗ってもらえます。




実録!妊娠・出産にかかったお金