気まぐれ懸賞生活 >数打ちゃハズレる?

 

数打ちゃハズレる?

当選するのは確率の問題だと思って、ついつい大量応募してしまいがちですよね。
でも、むやみやたらに応募しまくることで、当選率を下げることもあるんです。

というのは、同じ期間中に複数の懸賞を募集してる会社の場合、同時に同じ会社から複数の当選はできないようになってたりします。
よく応募要項で注意書きされてますよね?

ってことはつまり、「1万人にAをプレゼント」って懸賞と、「1000人にBをプレゼント」って懸賞が同時に行われてた場合、何も考えなければ両方に応募してしまうかもしれない。

普通に考えると、1万人が当選するAの方が貰える確率は高いですよね。
でも、実はAよりもBの方が欲しかったりするんだけど・・・
こういう場合、1万人っていう超大型懸賞であるAの応募は諦めちゃうのも手なのです。

Aには応募せず、Bだけを狙う方が本当に欲しいBを貰える可能性はUP!
なぜなら、Aに当たってしまうとBの当選権利が無くなってしまうから・・・

当選数が10分の1の1000人であるBに応募した人の中で、Aに当選しちゃった人が先に弾かれた場合、Bの当選確率ってすごい高くなるかもしれないでしょ?
あ、逆にBの方を先に当選発表されちゃったら、この法則は意味ないけど・・・

でも、とりあえず片っ端から応募ってのも考えものだなぁと思うのです。
一番良いのは、AとBの応募を別の人の名前でやってしまえばいいんですけどね。
家族の名前を借りちゃったりして。