気まぐれ節約生活 >ネットオークション >ネットオークションのコツ(落札編)

 

ネットオークションのコツ(落札編)

すでにネットオークションのコツ(出品編)に書いておきましたが、ネットオークションをする際にはあらかじめネットバンクと主要な都市銀行に口座開設しておくことをおすすめします。
楽天銀行 ジャパンネット銀行等のネット銀行に口座があれば、オークションの代金のやりとりもネット上で確認できますし、何よりも振込み手数料が安くすむのが魅力です。
また、ネットバンクは店舗を持った通常の銀行よりも金利が高いという利点もありますので、メインバンクとして利用されても良いと思います。
主要な都市銀行は、出品者が同じ銀行に口座を持っていた場合、やはり他行に振込むより手数料が安く済みます。

(ネット銀行の詳しい説明はネット銀行がお得にまとめてありますので、参考にしてください)

ネットオークションでお目当ての品を落札しようとする時は、終了時間のギリギリに入札しましょう。
ヤフオクの場合なら、自動延長(終了5分前に入札があった場合、終了時間が5分延びるシステム)になっていた場合は競り合う相手が存在した場合は執念の戦いになってしまいますが、自動延長になっていなかった場合は時間ギリギリに入札した人が最終落札者です。

入札価格は送料と振込み手数料を考慮して設定しましょう。
落札できたものの、実際の取引段階になって総額で予算オーバーしていたということのないように!

また、落札価格が小額の場合なら、切手や図書券等の金券の支払いも出品者に確認してみましょう。
振込み手数料が多くかかる場合は金券を郵送して支払いした方が安くつくこともあります。

出品者によっては、小額だと金券でも受け取ってくれる場合もありますし、問い合わせてみるのも手です。
(あらかじめ、出品時から「切手や金券でもOK」ということを表示している人を狙って入札するか、質問機能を利用して確認しておくと良いでしょう。)

もし誰も入札がなくそのまま流れる可能性のありそうなオークションの場合、質問等のシステムを使って出品者と個人的に交渉してみるのも早く安く手に入れるコツかもしれません。
「即決価格はいくらですか?」
「どうしても欲しいのですが・・・」
等の交渉によっては、特別に早期終了してもらえる場合もあります。

ただ・・・こういった即決依頼はイヤがる出品者も多く、断られるケースがほとんどなので、即決可能といった表記をされている人だけにしておくと良いかと思います。

 


 

ヤフーオークション ・・・ 国内最大ネットオークション。
出品・入札した場合に月額の利用料がかかります。
落札された金額の5%を利用料として取られます

楽天オークション ・・・ 会員登録は無料です。登録料・会費等は一切かかりません。
ただし、落札された金額の5.25%がシステム利用料として発生。

オークファン ・・・ 主要ネットオークションの過去から現在の取引額が確認できるので、出品時の相場価格の確認に便利です。



次のページ