気まぐれ節約生活 >携帯電話の節約術 >一人家族割のススメ

 

一人家族割のススメ

auやドコモのように年割と家族割の割引率が高く、主回線と副回線のどちらの基本使用料にも割引がある場合、高額なプランと小額のプランを併用することでトータルの支払い額を下げることができます。

例えば、CDMA1Xの関東・中部プラン(旧IDOエリア)以外の場合で言うと、”コミコミコールスーパー”の年割1年目は、13000円です。
で、もし家族割に入っていれば、25%OFFされるので9750円
この差はなんと3250円にもなります。

ちなみに、一番小さいプランの”ちょっとコール”の年割1年目で家族割に加入している時の料金は2250円
この2つのプランの料金差をうまく利用すると、”コミコミコールスーパー”で1台だけを持ってる時よりも、”ちょっとコール”との2台持ちをしてた場合の方が安いんです。

 1台なら・・・年割のみで、13000円

 2台なら・・・年割+家族割で、9750円+2250円=12000円

勿論、2台目を契約する時には新規手数料が2700円はかかっていまいますが、それは3ヶ月持てば元は取れてしまいますよね(^-^)
1ヶ月1000円安くなりますからね。 機種代は無料の物を選べばかかりません。

さらに!
auの場合、プランに含まれる無料通話料は家族間で共有できますので、もし小さいプランの契約を無料通話が付いてるタイプ”コミコミコールS”にすると、基本料は2550円と300円UPしちゃいますが、代わりに1400円分の無料分をGETできます。

この無料通話を”コミコミコールスーパー”で契約している携帯で使用すると、15円/分だから1時間半以上(93分)も無料通話が増えることになりますよね。
共有した無料通話は通話した形態の契約プランの料金が適応されるので。
逆に安いプランの方の携帯で通話してしまうと、40円/分なので大変なことになってしまいます・・・これだけは注意です。
使わないようにずっと購入時の箱の中にしまっておくのがベストです。

つまり、余分に契約した携帯電話を家族に持たせたりしない場合では、余計にGETできた無料分は自分のメイン携帯で使ってしまえるんです。

スーパー+Sの組み合わせなら、9750円+2550円=12300円
で、先ほどの例よりも300円は高くなってしまいますが、無料通話は、9000円+1400円=10400円になります。
よって、実質の基本料金は1900円ってことですね(*^-^*)

この例だと、1台だけなら、実質基本料金は13000円−無料分9000円=4000円です。
トータル基本料も安くなる上に、実質基本料でも2100円も差が出てくるんです

うちの場合は余剰携帯を渡してる弟が、きっかり1400円を使ってしまうんで、無料分の余りのおこぼれは全く無しっすけどね(>_<)
しかも私も通話量が減ってプランを下げたんで、今は旨味はほとんど無くなりましたが・・・

通話が多くて大きなプランにされてる方は、このように一人家族割の線も検討されてはいかがでしょう?
同じ名義で複数台の契約は可能なので、一人暮らしでも家族割(^-^)

あと、WINの”プランLL”の場合でも、家族割をした方がお得になります。
”プランLL”の場合、1台なら12750円
”コミコミコールS”と合わせると12112円と微妙ですが、無料通話が12000円→13400円に増えるので、実質2000円以上がお得になります。
”ちょっとコールなら”11812円(ただし、無料分の増加は無し)です。

ドコモなら、”ビジネスプラン”と”FOMAプラン150”と”FOMAプラン100”が2台持ちした方が安くなる高額プランですね。
ドコモの場合に合わせる小額プランは、”ビジネスプラン”と”FOMAプラン100”の場合は”プランB”がオススメです。

また、”FOMAプラン150”の場合は、”プランB”か”おはなしプラスM”か”おはなしプラスM”です。
この3つのどれを選択するかは、無料分を超えた通信&通話料にもよります。



次のページ